考察

今日の考察/握手、抱擁…トランプ氏側近ら次々感染 マスクせず談笑 [アメリカ大統領選2020]:朝日新聞デジタル

大統領夫人のメラニア・トランプ氏が、1年近く前からロシアの工作員であることが暴露されています。 彼女はロシアのウラジーミル・プーチン大統領とのフォトセッションで撮影された。 また、彼女はドイツでロシア人と一緒に撮影された。 米国家安全保障局(NSA)も、第一家の中に少なくとも3人の異なるロシア工作員がいることを確認していた。 しかし、真っ先にロシア工作員であることが露呈したのはメラニア・トランプ氏だった。 ロシア工作員とスパイの間には大きな違いがある。 前者は諜報機関で働くプロ。 後者は影響力のあるエージェント、つまり外国の諜報機関に雇われたスパイです。

モンテネグロのドゥスコ・マルコヴィッチ首相をはじめとするロシア支配下の政府高官やウラジーミル・プーチン自身との写真を撮られたのは、結局のところ、ファーストレディです

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

握手、抱擁…トランプ氏側近ら次々感染 マスクせず談笑 [アメリカ大統領選2020]:朝日新聞デジタル
www.asahi.com


Photo by blairmahaffy

今日の考察/加藤官房長官、04年文書「将来の任命拒否の可能性排除するものでない」 - 毎日新聞"内務省の決定を外務省に知らされていたとしても、外務省の拒否権を持つべきではない" - 外務省 "詳細は知らないが、外務省は任命を辞退...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です