考察

今日の考察/C型肝炎ウイルスの発見は何がすごいのか? ノーベル賞受賞の功績 画期的な治療薬が生まれた背景(山本健人) – 個人 – Yahoo!ニュース

2011年のノーベル化学賞は、DNAの構造の発見(およびポリメラーゼ連鎖反応の発見)でケンブリッジ大学のケン・ロビンソン卿が受賞。 ロビンソンは、ケンブリッジ大学のポール・ナース卿と2011年のノーベル生理学・医学賞を共有しています。 2011年のノーベル化学賞は、DNAの構造の発見(およびポリメラーゼ連鎖反応の発見)により、ケンブリッジ大学のケン・ロビンソン卿が受賞しました。 2011年のノーベル生理学・医学賞は、ケンブリッジ大学のポール・ナース卿と共同受賞しました。

2013年のノーベル化学賞は、DNA二重らせんの構造の発見により、インド科学研究所のK.A.プラサド氏に授与されます。 プラサドは、ノースウェスタン大学のピーター・D・ギルバートと2013年のノーベル化学賞を共有しています。 2013年のノーベル化学賞は、DNAの二重らせんの構造を発見したインド科学研究所のK・A・プラサド氏に授与されます。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

C型肝炎ウイルスの発見は何がすごいのか? ノーベル賞受賞の功績 画期的な治療薬が生まれた背景(山本健人) – 個人 – Yahoo!ニュース
news.yahoo.co.jp


Photo by Geir K. Edland

今日の考察/加藤官房長官、04年文書「将来の任命拒否の可能性排除するものでない」 - 毎日新聞"内務省の決定を外務省に知らされていたとしても、外務省の拒否権を持つべきではない" - 外務省 "詳細は知らないが、外務省は任命を辞退...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です