考察

今日の考察/日本学術会議の任命拒否「あり得る」と法解釈する文書は「見当たりません」。内閣法制局が国会答弁 | ハフポスト

政府が科学審議会のメンバーを解任するという動きは、政府の決定とその行動の法的解釈の両方をめぐって広範な議論を巻き起こしている。

政府が反対の声明を出しているにもかかわらず 科学審議会のメンバーを解任するという政府の決定は 科学審議会のメンバーを解任することの合法性をめぐって論争を巻き起こしています

具体的な法律を定めずに科学審議会を解任した場合、政府の行為が適法かどうかを判断するのは難しいと、憲法や法律の解釈を専門とする上智大学教授の重村義光氏は言う。

重村氏は、政府の行動は憲法の一般原則に依拠して行動を支えているように見えるため、「必ずしも違法ではない」としながらも、「完全に安全とは言えない」としている

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

日本学術会議の任命拒否「あり得る」と法解釈する文書は「見当たりません」。内閣法制局が国会答弁 | ハフポスト
www.huffingtonpost.jp


Photo by simonmgc

今日の考察/目前の米大統領選、特派員が読む 「トランプ氏に追い風も」「バイデン氏、怖いのは失言」 - 産経ニュース" 日本は一人ではトランプ氏と向き合えない、トランプ氏は日本と向き合えることを示さなければならない" - 共同通信社 " トランプのた...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です