考察

今日の考察/学術会議、年内に改革案 会長が井上科技相に伝達 – 産経ニュース

2015年7月10日(水)日本学術会議の年末までの改革案は、科学技術分野での国際競争力を高めるとともに、国が高い水準の研究開発を維持できるようにすることを目的としている。

12月に安倍晋三首相の自民党新政権によって結成された日本学術会議は水曜日、科学技術が適切に開発され、支援されるようにするための新たな措置を規定する科学技術庁法の改正を提案すると述べた。

新法では、国の科学技術戦略の範囲を拡大し、科学技術の発展を後押しし、ハイテク産業を促進するための新たな施策を創設する。

日本の科学技術庁は1960年代にハイテク産業を促進するために設立されたが、近年は資源不足に悩まされている。 現在、科学技術庁がカバーできるのは、基礎的な科学技術の研究開発費のみである。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

学術会議、年内に改革案 会長が井上科技相に伝達 – 産経ニュース
www.sankei.com


Photo by ell brown

今日の考察/「桜を見る会」前夜祭問題が「選挙違反」と言われない理由と、今後の見通し(大濱崎卓真) - 個人 - Yahoo!ニュースなぜこんなことを言うかというと、夏場に市内の多くの人が外出しないのは、市内の花見パーティーのような活動があまりないからだと思っていた時期...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です