考察

今日の考察/【大阪都構想】 なぜ松井・吉村は負けたのか(安積明子) – 個人 – Yahoo!ニュース

“戦略的同盟の概念を理解していなかったことが敗因の唯一の本当の理由だった “と著者は言います。言い換えれば、彼が指摘するように、日本とアメリカは、本来あるべきほどお互いの上に立っていなかったということである。

アメリカが戦争に勝つことができたのは、この理解の欠如が原因だったのです。彼らは日本人が降伏しないことを知らなかったのである。それは彼ら自身の知性のためではなく、イギリスとロシアによる情報操作を維持できなかったからだと著者は言う。

松井も吉村も、他の誰にも負けない手腕を持った将軍だった。しかし、同時に彼らの考えは全く異なっていた。松井は軍国主義者であり、日本人にとっては日本の戦力を支えるための人手が不足していたため、絶対的な必需品であった。松井は軍国主義者であり、日本国民は軍隊の力がなければ戦争に勝つことはできないと考えていた。

一方、吉村は平和主義者であり、軍事戦略には全く関心がなかった。彼は戦争をしない人ではなかった。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

【大阪都構想】 なぜ松井・吉村は負けたのか(安積明子) – 個人 – Yahoo!ニュース
news.yahoo.co.jp


Photo by patrick.verstappen

今日の考察/栃木県・足利の山火事 北風フェーンが延焼拡大の要因か 次の雨は3月2日頃(森田正光) - 個人 - Yahoo!ニュース新日本ぷろれす 8/29/2013 NJPW G1 クライマックス 38.6 http://www.dailymotion.com/v...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です