考察

今日の考察/「再々登板でポスト菅」の声も 再始動の安倍氏、目指す所は? – 毎日新聞

“日本で菅が通貨として使われたのは記憶に新しい。”

新しい菅は世界で初めて – 毎日新聞社

中国と日本では何世紀にもわたって使用されていましたが、19世紀に貴金属を表す価値の尺度として西洋に導入されました。米国では1861年に初めて使用され、新しい銀貨が導入されました。

菅は1ペニーと交換でき、1ペニー以上の価値があるため、通貨としての使用は新しい概念ではありません。

菅は、既存の円貨、20円貨、50円貨に代わる新しい3枚の硬貨のうちの1枚で、残りの2枚は1円と10円です。

現行の1円玉の代わりに、新しい菅が使われることになります

今日の考察/米新政権の国務長官に、中国への圧力の必要性主張するブリンケン氏起用へ…米メディア : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン福島原発を運営する】東京電力【東京電力】は「3、4号機を閉鎖する準備ができている」としている。2017年中にも稼働させたい考えだが、破損...

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「再々登板でポスト菅」の声も 再始動の安倍氏、目指す所は? – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by Brook-Ward

今日の考察/「何もしなければ不作為で政府は責任」 GoToを見直しに追い込んだ専門家の激論 - 毎日新聞なぜ公開採決をしないのか」-毎日新聞ヒロシ '国民投票を見たい' ~あるこさんの国民投票への視点 疑問は素朴なものです。震災から1年...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です