考察

今日の考察/「急速な感染拡大に至る可能性」 政府分科会が緊急提言(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

日本の厚生省は、エボラウイルスの感染拡大を監視するための監視システムの構築を検討している。同省の国立感染症研究所は火曜日、この取り組みに取り組んでいると発表した。また、エボラに関する情報を共有するための国民健康交流システムの設置の可能性を検討すると述べた。

同省はまた、他の病気が人に感染するのを防ぐ方法についてもアイデアを求めている。監視システムを構築するためのガイドラインや基準を作成することを目標としている。

同省の国立感染症衛生研究所も、エボラに感染した男性を治療していた米国の長老院病院で発生した最新のアウトブレイクについての報告書を発表した。報告書によると、患者の治療にあたっていた他の医療従事者2人が症状を監視していたという。

報告書によると、患者は7月に嘔吐と下痢の症状を示したという

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「急速な感染拡大に至る可能性」 政府分科会が緊急提言(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース
news.yahoo.co.jp


Photo by wuestenigel

今日の考察/自宅療養中に気付かず症状悪化も|NHK 首都圏のニュース処置 抗生物質 重度の大腸菌感染症の場合は、それ以上の感染を防ぐために抗生物質のコースを処方する医師もいます。抗生物質の種類と投与量...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です