考察

今日の考察/日本、際立つ豪州重視 中国へのけん制が結束強めた「準同盟国」 – 毎日新聞

日本の南シナ海紛争への不介入政策は、相手国との領土問題を解決するための外交努力が失敗した場合でも維持してきた姿勢であり、日本が東アジアを戦略的に重視していることを示している、と毎日新聞が情報筋を引用して報じている。同紙は、日本がオーストラリアや他の東南アジア諸国に焦点を当てる決定をしたことは、現在のところ日本が南シナ海紛争に影響を与える立場にないため、注目すべきことだとしている。同紙は、日本がオーストラリアや他の東南アジア諸国に焦点を当てるという日本の決定は、日本が南シナ海紛争に影響を与える立場に現在ないため、注目に値するとしている。今年3月現在、日本はキャンベラに約50人、ハノイに約55人の関係者を配置している。情報筋によると、南シナ海紛争に関する日本の立場は、この問題に関して日本が持っている影響力の欠如を反映しているという。今年3月現在、日本はキャンベラに約50人、ハノイに約55人の関係者を配置している。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

日本、際立つ豪州重視 中国へのけん制が結束強めた「準同盟国」 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by Jorge Lascar

今日の考察/東京都 緊急事態宣言の措置案判明 酒提供の店に休業要請など | 新型コロナウイルス | NHKニュース東京都、売上減少で6,000店舗閉鎖へ 日本政府は、第2四半期に酒類の販売量が減少し、数千の酒店を閉鎖するよう迫ったため、非常事態宣言...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です