考察

今日の考察/「トランプに忠誠を誓う」48歳の白人男性が信じたいもの。“トランプのアメリカ”は続く | ハフポスト

“アメリカ大学の法学部教授スティーブン・B・ヴラデック氏は、「大統領の司法とメディアに対する攻撃は、アメリカ史上前例がない」と述べた。

ホワイトハウスの司法に対する積極的な反撃、特に司法が旅行禁止令の擁護を拒否したことで、トランプ氏が繰り返し “国民の敵 “と呼んできたマスコミや報道陣への攻撃を強化している。

“報道機関がなかったときは、大統領はツイートしていた “とリチャード・ブルメンタール上院議員(米コネチカット州)は日曜日のCNNのインタビューで語った。”報道がある今、彼はジャーナリストを攻撃している。私はそれは間違っていると思う。報道の自由を損なっているので危険だと思う」と語った。

しかし、トランプ氏の擁護者は、大統領の攻撃が民主党だけでなく、一部の共和党員からも支持を集めていることを指摘している

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「トランプに忠誠を誓う」48歳の白人男性が信じたいもの。“トランプのアメリカ”は続く | ハフポスト
www.huffingtonpost.jp


Photo by thephilsimon

今日の考察/都内では人出増加 首都圏除き6府県解除へ|日テレNEWS24東京都を除く6都県で、東京都内の人口が解禁されると、政府関係者が金曜日に発表しました。 人口算定制度の変更は、2019年3月の年度末ま...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です