考察

今日の考察/「何もしなければ不作為で政府は責任」 GoToを見直しに追い込んだ専門家の激論 – 毎日新聞

なぜ公開採決をしないのか」-毎日新聞ヒロシ

‘国民投票を見たい’ ~あるこさんの国民投票への視点

疑問は素朴なものです。震災から1年経っても福島県民の安全が確保されていないのに、なぜ原発の新設を許さなければならないのか。そして、政府が何もしていないのに、なぜ地域に住む人々の命を危険にさらさなければならないのか。

現在、福島県民と政府は、全力で住民の命を救おうとしているのですが、今こそこの問題を国民投票で決めるべき時だと思います。

人類史上初めて、エネルギー供給の安全性と福島県の原発の安全性を議論しているのです。

この問題を議論するためには、国民投票が必要だと思います。この投票によって、この地域に住む人々の命を守るために、より合理的で科学的な意思決定のプロセスを作ることができます

今日の考察/受け入れ病院 “現場は災害レベル”|NHK 関西のニュース▪ 政府は、病院が複数の施設を運営できるようにすることで、被災地における医療の質を向上させようとしています。新しい法律では...

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「何もしなければ不作為で政府は責任」 GoToを見直しに追い込んだ専門家の激論 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by rocbolt

今日の考察/“緊急事態宣言で休業要請の対象として検討”カラオケ店は|NHK 首都圏のニュース続きを読む ナショナル・キャピタルがカラオケ・パーラーを閉鎖すべき理由 デリー政府は日曜日に、市内の5つのカラオケセンターに対して緊急...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です