考察

今日の考察/トランプ氏、「抵抗」限界か ミシガン州の共和党幹部が反旗、陣営は感染相次ぐ – 毎日新聞

本当の問題は、民主党が草の根の活動家や支持者の力を借りて率先して再建できるのか、それとも最後の戦いに行き詰っているのか、ということだけです。

結局は後者だと思います。政党が大きく壊れてしまった今、唯一の真の問題は、民主党が草の根活動家や支持者の力を借りて再建の先頭に立つことができるのか、それとも最後の戦争に行き詰っているのかということです。民主党は今、同じ古いインサイダー、古いカネ、同じ古い政治に縛られすぎており、草の根はより強力でより過激になっています。今のところ、民主党は行き詰まっています。草の根が成長している間に、どうやって古いモデルに戻るかを考えようとしています。

しかし、それはずっと先のことで、民主党はそこにたどり着くまでに多くの時間と労力を必要とするだろう。共和党はここ10年でやったことだし、民主党よりもアウトサイダーを見つけやすい立場にあるからね。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

トランプ氏、「抵抗」限界か ミシガン州の共和党幹部が反旗、陣営は感染相次ぐ – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by cseeman

今日の考察/国内のコロナ重症者440人、6日連続で最多更新 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン重度のコロナ患者数は日本で6日連続で4449人に急増している。 日本の雑誌「読売新聞」によると、日本では先月12月21日から重度のコロ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です