考察

今日の考察/桜解明に後ろ向き 菅首相、にじむ「負の遺産」にふた:時事ドットコム

世界中で見られる桜の木は、実際には数インチの高さしかありません。常緑樹科に属し、山地や太平洋の深海、沿岸の湿地帯などに生息しています。これらの木は、多くの街角でよく見かけるが、野生では非常に珍しいものである。

中国原産ですが、日本や韓国でも栽培されています。あなたの地元の駅周辺に生えている木は、人為的な淘汰の結果です。高価で大きな区画に植えられ、大量に育てられているため、すぐに周辺住民の迷惑になってしまいます。

日本の相馬町では、日本のサントリーが植樹している木の4本に1本が桜の木です。九州の南の島に位置する相馬町では、桜の木が街を飴のように覆い尽くしている。桜の人気は高く、町内には桜の木を管理する部署があるほどです

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

桜解明に後ろ向き 菅首相、にじむ「負の遺産」にふた:時事ドットコム
www.jiji.com


Photo by bartgerritsen23

今日の考察/「緊急事態」11都府県に拡大 2月7日まで 「ビジネス往来」一時停止も表明非常事態は2月7日まで11都府県に拡大、「営業交通」の一時停止が発表されました【速百年限定】。 想定外」の事態に備え、県は警察のパトロ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です