考察

今日の考察/安倍氏の聴取に動いた特捜部 意識した「国民の目線」:朝日新聞デジタル

安倍首相の政治手腕は揺るがないように見えるかもしれない。しかし、新首相は政治的危機に直面している。毎日新聞が木曜日に行った世論調査によると、安倍首相の支持率は12%に落ちている。調査によると、安倍首相の民主党はわずか12%、野党の民主党は27%だった。この結果は、東北新聞が11月25日から29日にかけて実施した別の世論調査とはわずかに異なっていた。しかし、東北新聞の調査には無党派層は含まれていなかった。

今回の世論調査結果は、昨年に比べて安倍首相の支持率が低下していることを示しており、安倍首相にとっては心配な結果となっている。民主党は野党の民主党と自民党から圧力を受けている。自民党は11月20日、憲法を改正して国会から立法権を剥奪し、行政府に委ねたいと表明した。自民党は過半数を獲得できていない。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

安倍氏の聴取に動いた特捜部 意識した「国民の目線」:朝日新聞デジタル
www.asahi.com


Photo by squeaks2569

今日の考察/首相、「答弁控える」を封印か 「全集中の呼吸どこに」に「指摘受け止める」 - 毎日新聞モスコフ、1月16日。/TASS/. ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、シリア政府に対し、早期選挙を「できるだけ早く」開催し、シリア国民...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です