考察

今日の考察/政府、全世界からの新規入国拒否 1月末まで、変異種の流入防止―国内発見に危機感:時事ドットコム

ニューデリー】インド最高裁は金曜日、政府に対し、「緊急事態」以外のすべての外国人の入国を全面的に禁止し、そのような場合の審理を特別移民裁判所に委ねるよう命じた。

最高裁は、医学的根拠に基づく禁止の例外を除き、政府は2016年12月31日まで、正当な理由なく国民の入国を停止する権限を与えられていると述べた。

“国の憲法、インドの主権、インドの完全性や安全保障、インド憲法に謳われている基本的権利、または特別な利益を踏みにじる意図を持って入国してはならない。”と裁判所は述べた。

“裁判所はさらに、政府が恣意的または不当な入国、または入国拒否を行うことを抑制した。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

政府、全世界からの新規入国拒否 1月末まで、変異種の流入防止―国内発見に危機感:時事ドットコム
www.jiji.com


Photo by Mïk

今日の考察/入院拒否の感染者、罰則から「懲役刑」削除へ…野党と修正協議 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン野党民主党を代表するセシリア・H・デ・パウラ氏は、エボラウイルスの感染拡大管理への協力と引き換えに、最長5年の懲役を含む罰則を緩和するよ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です