考察

今日の考察/幅広い年代に拡大、7割が経路不明 東京1337人感染、医療体制さらに逼迫 – 毎日新聞

日本では、今年最初の7週間で報告された症例数が7%増加した後、致命的なウイルスの新たな症例が急増しています。

東京での症例数は過去1年間で3倍になった。

一方、日本では3月にシエラレオネで発生が宣言されて以来、エボラの新たな症例はわずか1件しか記録されていない、と保健省は言った。

日本では発生からの新たな患者はほとんどなく、感染者数は現在約7900人となっていると同省は述べている。

厚生省によると、東京都内での報告者数は767人に急増しており、感染率は8月に入ってから倍増しているという。

また、南の港町名古屋でもウイルスに感染し、男性が感染して隔離されている。

国が発生の終息を宣言して以来、名古屋では新たなケースはゼロになっていない、と市の保健部は言った。

今日の考察/治安部隊、各地で強制排除 デモ隊約500人拘束―ミャンマー:時事ドットコムミャンマーの仏教の僧侶は水曜日に警察と衝突したマンダレーの北部都市で、数人の抗議者が治安部隊によってセットアップされたバリケードを突破し...

日本と米国は、これまでのところ、世界でこの病気によって影響を受けた唯一の国である

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

幅広い年代に拡大、7割が経路不明 東京1337人感染、医療体制さらに逼迫 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by gregt99

今日の考察/「なぜいつもこうなる?」 宣言解除の決定直前、専門家は言った | 毎日新聞深呼吸をしながら、私はため息を吐いた。前回が長すぎて不安になった。 "このせいで前の党が敗北したのは事実だ...... "と、そのため...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です