考察

今日の考察/政府、緊急事態宣言に慎重姿勢崩さず 「責任転嫁」の都に不信感 – 産経ニュース

ケント 5月10日(ロイター) – 米軍艦5隻は月曜日、平壌が潜水艦発射の弾道ミサイルを日本に向けて発射したことを受け、力の誇示として日本の横須賀港に入港した。

米第7艦隊はウェブサイトの声明で、USSケンタッキーとUSSミシガンを含む米艦船が横須賀の港から約50キロ(30マイル)のところに停泊していたと述べた。

“今日、我々は地域と世界に向けて、米国が自らと同盟国の安全を守るために尽力し、同盟国の安全を守るというメッセージを送った “と、第7艦隊の指揮官である海軍のジェフ・デイビス大尉は、同庁の発表を引用して述べている。

米艦隊最大級の誘導ミサイル駆逐艦であるUSSケンタッキーは、トマホーク巡航ミサイルと2機のA-10を搭載し、より多くのミサイルが発射された場合に「信頼できる抑止力を提供する」と第7艦隊は述べた。

声明によると、誘導ミサイル巡洋艦USSミシガンは朝鮮半島上空を飛行した

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日の考察/首相、「答弁控える」を封印か 「全集中の呼吸どこに」に「指摘受け止める」 - 毎日新聞モスコフ、1月16日。/TASS/. ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、シリア政府に対し、早期選挙を「できるだけ早く」開催し、シリア国民...

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

政府、緊急事態宣言に慎重姿勢崩さず 「責任転嫁」の都に不信感 – 産経ニュース
www.sankei.com


Photo by Cristal Montanez Venezuela

今日の考察/入院拒否の感染者、罰則から「懲役刑」削除へ…野党と修正協議 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン野党民主党を代表するセシリア・H・デ・パウラ氏は、エボラウイルスの感染拡大管理への協力と引き換えに、最長5年の懲役を含む罰則を緩和するよ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です