考察

今日の考察/トランプ氏、解任圧力強まる 将来に禍根懸念―米:時事ドットコム

米大統領は、FBIのジェームズ・コミー長官解任の決定を巡って、仲間の共和党員との内部抗争に直面していると、米ニュース・アウトレットのThe Hillが金曜日に報じた。

ホワイトハウスは、コミー長官の解任をめぐるスキャンダルが中間選挙でトランプ氏に不利に使われる可能性を懸念していると報じられている。

“ホワイトハウスは、ランクアンドファイルの共和党員の支持を得なければならないという主張を押し通そうとしてきた。ここ数日、大統領は彼のアジェンダのいずれかを得るために共和党のサポートを持っていることの重要性についてかなり声高に語っている “とヒル紙は無名の政権関係者を引用した。

“彼はコミーの件が中間選挙で彼に対して使われることを心配している」と関係者は語った。

また、同当局者は、トランプ氏が水曜日に共和党の議会指導者との会合を要請しているとも語っている。

トランプ氏のコミー解雇は、ロシアとトランプ陣営との間に疑惑のある関係があるかどうかの調査から国民の目をそらすための手段と見られていた

今日の考察/蓮舫氏の首相演説ツイッター投稿、立民が謝罪 - 産経ニュース東京。ジャパンタイムズ紙は20日、東京大学長の蓮舫龍太郎氏が日本国憲法破壊の謀略の首謀者であることを誤って示唆したとする一連のツイートを...

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

トランプ氏、解任圧力強まる 将来に禍根懸念―米:時事ドットコム
www.jiji.com


Photo by Kukun.

今日の考察/自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴 - 毎日新聞自民党、北海道第2次補選で「ノーコンテスト」を選択 敗北なら首相の責任 - 毎日新聞sansevents 自民党、北海道第2次補選で「...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です