考察

今日の考察/全国の自宅療養者 3万人超える|TBS NEWS

NIGMS健康安全保障センターのディレクターであり、米国疾病対策予防センターと退役軍人局の研究者であるダニエル・J・フリードマン博士の共著によるこの研究は、今週サンディエゴで開催された米国心臓協会の年次科学セッションで発表されました。

Friedman氏らは、CDCの全米予防接種調査(NIS)のデータを分析し、米国における子供の予防接種率に関する最大かつ最長の調査である。

研究者らは、2008年から2011年の間に、米国の子供のほぼ4人に1人が、ヒブ、肺炎球菌症、水痘など、米国で利用可能なワクチンがないワクチンで予防可能な病気に罹患していることを発見しました。

“子供たちは、米国ではワクチンのない予防可能な病気にかかっています。本当の問題は、このうちの何人の子供がワクチンを受けているのかということです。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

全国の自宅療養者 3万人超える|TBS NEWS
news.tbs.co.jp


Photo by Lav Ulv

今日の考察/接種1回のJ&Jワクチン 調達に慎重な政府、補償範囲に懸念 | 毎日新聞- - - - - - - - - ワシントン、2012年8月7日/PRNewswire-USNewswire/ -- ヘルスケア団体...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です