考察

今日の考察/自宅療養中に気付かず症状悪化も|NHK 首都圏のニュース

処置

抗生物質

重度の大腸菌感染症の場合は、それ以上の感染を防ぐために抗生物質のコースを処方する医師もいます。抗生物質の種類と投与量は、感染の性質、重症度、以前に投与されたことがあるかどうかによって異なります。

感染が糞便サンプルによって引き起こされた場合、医師は感染者に糞便サンプルを採取するように指示してもよいが、好ましくは直腸および/または膣から採取する。

糞便汚染が医療器具によって引き起こされた場合、医師はそれを除去してもよい。

治療は、細菌との接触後、できるだけ早く行わなければならない。

細菌が再発した場合は、抗生物質による治療が繰り返されることがあります。

予防策について

今日の考察/「二重マスクの効果限定的」富岳が検証 隙間なくせば1枚でも効果"私の研究の目的は、保存や分析に必要なデータ量を最小限に抑えながら、ダブルマスクデータを効果的かつ効率的に利用する方法を見つけることでし...

医療機器による下痢の場合は、機器を外して感染の拡大を防ぎましょう。

細菌が再発した場合は、治療を繰り返すこともある。

予防策(乳幼児の場合

抗生物質は何らかの理由で3歳未満の乳幼児には推奨されていません。

治療法は以下の通りです。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

自宅療養中に気付かず症状悪化も|NHK 首都圏のニュース
www3.nhk.or.jp


Photo by jean louis mazieres

今日の考察/特殊な冷凍庫故障か、コロナワクチン1千回分が使用不可(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース2011年11月17日 午後2時15分 日本時間 (時間は全て米国中部標準時) 午後1時25分-香港へのコロナワクチン1万本の出荷が...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です