考察

今日の考察/入院拒否の感染者、罰則から「懲役刑」削除へ…野党と修正協議 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン

野党民主党を代表するセシリア・H・デ・パウラ氏は、エボラウイルスの感染拡大管理への協力と引き換えに、最長5年の懲役を含む罰則を緩和するよう保健省に求めている。

“病院に行くのを拒否した人への罰則を緩和する措置をとるべきだ。病院に行かないことを選んだ人にもっと同情的にならなければならない」と記者会見で語った。

保健相を務めるヘルナンデス氏は、政府が提案した変更案を来週、立法府の保健委員会に提出すると述べた。

この対策は、月曜日の保健相、世界保健機関(WHO)、米国疾病対策センターとの会合で議論されたと、野党の代表者が語った

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

入院拒否の感染者、罰則から「懲役刑」削除へ…野党と修正協議 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by Rain Rabbit

今日の考察/特殊な冷凍庫故障か、コロナワクチン1千回分が使用不可(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース2011年11月17日 午後2時15分 日本時間 (時間は全て米国中部標準時) 午後1時25分-香港へのコロナワクチン1万本の出荷が...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です