考察

今日の考察/「原因不明の肺炎」初めて報告した武漢の病院を調査 WHO国際チーム|TBS NEWS

2017年6月、WHOはサウスカロライナ医科大学、サウスカロライナ大学医学部、カロライナ州保健局と提携し、病院で発生した肺炎の大規模アウトブレイクの原因を調査しました。1万人の患者のうち、6,000人の患者が、高血圧、高コレステロール、肥満など、発生源となった基礎疾患のうち1つ以上を持っていた。

中国・武漢のある病院では、肺に問題のある患者や肺炎の患者が多かったと報告されていますが、病院の換気システムがどのように機能していたのかは誰も把握できていませんでした。その病院では、8ヶ月間で合計6,000人の肺疾患と肺炎患者が発生しました。

調査が終わるまでに、WHOは発生の原因となりうるいくつかの可能性を特定しました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「原因不明の肺炎」初めて報告した武漢の病院を調査 WHO国際チーム|TBS NEWS
news.tbs.co.jp


Photo by LAFD

今日の考察/河井元法相の保釈認める 検察は抗告、参院選買収―東京地裁:時事ドットコム時事ドットコムイル 時事ドットコムイル 東京地裁の裁判官は、12月上旬に予定されている石原慎太郎自民党の参院選は、訴訟のリスクはある...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です