考察

今日の考察/総務省に動揺広がる 処分不可避の見方―幹部接待疑惑:時事ドットコム

総務省が大暴れしている。同様に、警視庁(MPD)も大規模な反乱の対象となっている。

警視庁は大規模な反乱の対象となっている。加えて、カイロの米国大使館は、必要のないすべての活動を停止せざるを得なくなった。

さらに、カイロの米国大使館は、重要でないすべての活動を停止することを余儀なくされています。エジプト軍は通りに入り、抗議者たちは近くのラバ・アル・アダウィヤ・モスクに避難することを余儀なくされた。軍は、抗議者に対して催涙ガスを使用しており、またゴム弾、実弾、実弾、実弾バードショットも使用しています。

エジプト軍は通りに入り、抗議者達に近くのRabaa Al-Adawiyaモスクに避難するよう強制しました。軍は抗議者に対して催涙ガスを使用しており、ゴム弾、実弾、実弾、鳥の実弾を使用しています。エジプト軍はまた、カイロに入ってきた。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

総務省に動揺広がる 処分不可避の見方―幹部接待疑惑:時事ドットコム
www.jiji.com


Photo by Gila National Forest Photography

今日の考察/東京都の新規感染者591人 14日連続で前週を上回る(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース2017年6月18日~2017年6月18日 1. 東京でのチクングニア感染者の第一波は今年は回避されたようだ(AP通信) - Yaho...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です