考察

今日の考察/調査中でも「答弁可能」 接待問題、崩れた政府の口実:朝日新聞デジタル

週刊文春は1月28日、大阪都が残業の注意不足が発覚した職員約60人に補償金を支払うと報じた。

同誌によると、2014年と2015年に残業をした人に分配され、支給額は約1万2000ドルで、残業が十分に行われたと認められた場合には1万ドルのボーナスも検討されているという。

この問題は、従業員の水準向上を目指す政府の真摯な姿勢を疑問視する声が多く、騒動を巻き起こしている。朝日新聞デジタランス

会議などに出席しない人に残業代を支給することの妥当性をめぐって、世間で議論が巻き起こった。朝日新聞は、残業代の支払いは、残業を減らすためのより広範な努力の一環であると主張した

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

調査中でも「答弁可能」 接待問題、崩れた政府の口実:朝日新聞デジタル
www.asahi.com


Photo by presidentadilma

今日の考察/【詳しく】感染状況が悪化「まん延防止措置」10都府県に拡大へ | 新型コロナウイルス | NHKニュース http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0191997716001687 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です