考察

今日の考察/接触アプリ、外部から不具合指摘も対応せず…厚労省ずさんな管理 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン

“集会に集まった安倍氏の報道官、萩生田光一氏は「労働者と消費者を守れなかった政府の責任を問う」と語った。

政府は労働者の権利と消費者の利益を守るために「全体的」なアプローチを取ると述べた。また、連絡先アプリの現行の安全基準を他社にも拡大することも検討しているという。

“厚生労働省の中野浩一報道官は、「政府が日本から出てくるコンタクトアプリだけを見ているのではないことを確認することだ」と述べた。”サービス業全体を見ていくことになる」と話す。

確かに、政府の対応が早かったとは言えない兆候はあった。集会の数週間前には、建設作業員による電車での高齢者の致命的な踏みつけ事件を防げなかったとして、政府を批判する議員がいた。

しかし、政府は建設現場での労働者の安全性を向上させるための命令を出した。また、建設現場の安全性を見直すためのタスクフォースを設置した。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日の考察/河井元法相の保釈認める 検察は抗告、参院選買収―東京地裁:時事ドットコム時事ドットコムイル 時事ドットコムイル 東京地裁の裁判官は、12月上旬に予定されている石原慎太郎自民党の参院選は、訴訟のリスクはある...

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

接触アプリ、外部から不具合指摘も対応せず…厚労省ずさんな管理 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by kndynt2099

今日の考察/河井元法相の保釈認める 検察は抗告、参院選買収―東京地裁:時事ドットコム時事ドットコムイル 時事ドットコムイル 東京地裁の裁判官は、12月上旬に予定されている石原慎太郎自民党の参院選は、訴訟のリスクはある...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です