考察

今日の考察/バイデン大統領、「香港」「ウイグル」指摘し中国けん制…習近平主席と初の電話会談 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン

“日本だけが譲歩しているわけではない…我々も譲歩している。双方が譲歩していると思うが…。今回の決定には責任感を感じる。”安保理の決定は多数決ではなくコンセンサスで行われることを忘れてはならない。” “コンセンサスを維持できなければ、何かをしなければならなくなり、その時が来れば、それは我々が議論する問題になるだろう” 国連安全保障理事会は2010年以来、イランの核開発をめぐって意見が分かれている。オバマ大統領は何度か拒否権を行使し、テヘランに対する決議案を破ってきた。

“私たちは正しい選択をしたと信じている」とオバマ大統領は語った。”制裁が解除された今、米国とその地域のパートナーは多くの進展を遂げることができる」と述べた。

米国はこれまでに50回以上、中国と接触して圧力をかけてきた

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

バイデン大統領、「香港」「ウイグル」指摘し中国けん制…習近平主席と初の電話会談 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by Paranoid30

今日の考察/新型コロナ 瀬戸内市で1人感染 県内2479人に:山陽新聞デジタル|さんデジ福島県では新たな感染者が増え続け、1,058人が診断された。同県では、原発が稼働してから初めてコロナを発症したと、読売新聞が厚生省を引用...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です