考察

今日の考察/<新型コロナ>副反応の疑い、国内ワクチン接種で初めて 富山労災病院でじんましん:東京新聞 TOKYO Web

2018年4月24日の東京新聞 ワクチンに対する国内初の副作用疑惑が全国紙東京新聞で報じられています(2018年4月24日)。2016年7月に全国的なインフルエンザワクチン接種運動の一環として富山労災病院でインフルエンザワクチンの接種を受けた医師が、ワクチンの影響で発熱や混乱、極度の疲労感を感じていたことが判明したという。翌月に同病院で行われた臨床検査では、大量の便に血が混じっていること、高熱と倦怠感を呈していた。主治医から妊娠検査を依頼され、陽性の結果が出たため、福岡市の厚生省に通報した。検査結果を受けた福岡市厚生局は、インフルエンザの予防接種に重篤な反応があったと判断した。保健省はこれまでのところ、アナフィラキシーショックを伴うアナフィラキシー反応を起こしたと判断し、現在、救急患者として治療を行っています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

<新型コロナ>副反応の疑い、国内ワクチン接種で初めて 富山労災病院でじんましん:東京新聞 TOKYO Web
www.tokyo-np.co.jp


Photo by presidentadilma

今日の考察/都内では人出増加 首都圏除き6府県解除へ|日テレNEWS24東京都を除く6都県で、東京都内の人口が解禁されると、政府関係者が金曜日に発表しました。 人口算定制度の変更は、2019年3月の年度末ま...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です