考察

今日の考察/和歌山 湯浅町で震度5弱 津波の心配なし | NHKニュース

上川:福島原発事故による津波の脅威はないが、原発周辺の海の放射線量は上昇している可能性がある|Japan Times

山本俊一氏(ジャパンタイムズ)。福島原発からの津波の脅威はない|ジャパンタイムズ

津波のリスク

本稿執筆時点では、岩手県大間々町で発生したマグニチュード7.0の地震の震源地から、時速約100キロの速さで1メートル以上の津波が発生する可能性があります。現在考えられる最高の津波危険度は6.0メートルで、津波が8メートル以上にならないと危険度を超えることはありません。12メートルの津波が発生した場合は壊滅的な被害となりますが、このサイズの津波がさらに発生する危険性については現在評価中です。

このような地震による津波は、沿岸地域には大きな被害を与えないものの、内陸部の構造物には大きな被害を与えることが予想されます。また、津波の水は多くの瓦礫を撒き散らし、その結果、多くの物的損害が発生する可能性があります

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日の考察/日米共同文書、「台湾の安定」と「中国の人権懸念」一致へ : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン: 政治 : ニュース : ニューヨーク・タイムズ : 2017年6月12日 : New York Times : 2017年6月12...

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

和歌山 湯浅町で震度5弱 津波の心配なし | NHKニュース
www3.nhk.or.jp


Photo by Filip Vervisch

今日の考察/日米共同文書、「台湾の安定」と「中国の人権懸念」一致へ : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン: 政治 : ニュース : ニューヨーク・タイムズ : 2017年6月12日 : New York Times : 2017年6月12...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です